キャンプのあれこれ

キャンプ中に「ゲリラ豪雨」に襲われた時役に立つアイテム5選

キャンプ中にゲリラ豪雨に襲われた時の対処に関する写真です。

夏本番を迎えた今、キャンプやアウトドアが賑わいを見せています。

しかし、今年は九州を中心に大雨に見舞われることも多くそんな大雨の中でゲリラ豪雨(突発的な雨)にはとても注意を払わなければいけません。

そんなゲリラ豪雨の危険性と突然降ってきた時にあればいいアイテムを紹介して行きたいと思います。

 

ゲリラ豪雨の危険性

キャンプにおいてのゲリラ豪雨の危険性と対処法、あれば安心なアイテムを紹介をお伝えしていきたいと思います。

荷物の危険性

急な雨で最初に意識するのは「わー、雨が降ってきた!雨宿りだ!!」と自分が避難することを一番に考えてしまいそうです。

しかし、そんな中々止まない雨を目の前に愛するキャンプギア達がずぶ濡れになってしまいます。

 

まず、雨が降りそうな雲になってきたらキャンプギアを屋根の下に入れてしまうか濡れてはいけない物は車の中に避難させるなどの対処をしておくと急な雨にも冷静な対応ができます。

 

ブルーシートではなく自然色のビニルシートです。これがあればキャンパーらしく荷物達を避難させることができます。

 

荷物の避難が間に合わなかった場合貴重品だけでもこのような防水バッグに入れておくと安心です。

低体温の危険性

キャンプ中にゲリラ豪雨に襲われた時の対処に関する写真です。

先程は、キャンプギアが濡れてはいけないと話しましたが人の身体が一番大事です。

ギアが間に合わない場合はそのままにして自分だけでも雨宿りできる場所へ避難しましょう。

その時に、身体が濡れてしまってはいくら夏とはいえ冷え切ってしまいますので身体を濡らさないようなアイテムも準備しておきましょう。

キャンプの時、軽く羽織る物はあるけど意外と傘を持って行ってなかったりします。なので耐水圧のある折り畳み傘を一つでも入れておきましょう。

 

 

河川の危険性

キャンプ中にゲリラ豪雨に襲われた時の対処に関する写真です。

キャンプ場の地形にもよりますが近くに河川のあるキャンプ場で楽しんでいる方も少なくはないと思います。

そんな方は特に要注意です。近年では、河川での事故がとても増えてきていますので予兆に気づき事前に行動することが大事になってきます。

また、自分がキャンプをしている場所は雨が降っていなくても上流で大雨が降ればもちろん下流のあなたのキャンプ地の水位も上がってきます。周りに黒い雲が近づいてきたらそれが上流側なのか下流側なのかも敏感に感じとることが必要になります。

 

近くの情報をラジオなどで常に知っておくといざという時に頼りになります。また、防災用にもなりますので電池式の物をチョイスすると電池さえあれば使い続けることができるのでとても便利です。

 

雷の危険性

キャンプ中にゲリラ豪雨に襲われた時の対処に関する写真です。

雨が降るという事は雷にも注意しなければなりません。

森の中だと周りに木があるので直接落ちることはないと思いますが開けた所などにテントを立てている場合は要注意です。

雷が鳴ってきた場合は、車に逃げ込みましょう。

車の中でボディー(電気を通す物)に触れていなければ感電することはないので雷が収まるまで待ちましょう。

 

車に大判のブランケットなどを入れておくとそこで寝ることになっても身体を冷やすことなく快適に睡眠をとることができます。

 

まとめ

ゲリラ豪雨が来た時には、自分の安全の確保をしつつ愛するキャンプギアを豪雨から守りましょう。

命を落とす危険の高い河川・雷には十分に注意を払いましょう。

その兆候を事前に知ることができるアイテムもあるのでそちらも存分に活用し万全を期して雨のキャンプも楽しんでいきましょう(=゚ω゚)ノ

 

ABOUT ME
ユウスケ
週末が待ち遠しくなるようなキャンプギア、キャンプ飯、キャンプ場の記事を書いていきたいと思います。九州を中心に活動していますので興味のある方は是非お気に入り宜しくお願いします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です